脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP脊柱管狭窄症をケアするために日常できること日ごろの食事・食生活に気をつける

日ごろの食事・食生活に気をつける

脊柱管狭窄症の術後や退院後に避けるべき、また摂取すべき食事をまとめました。日ごろの食生活を快適なものにすべく、参考にしてみてください。

脊柱管狭窄症の大敵!避けたい食事類9種

それでは、脊柱管狭窄症には大敵ともいえる食事類を紹介しましょう。

白砂糖の入った飲食物

白砂糖は、内臓に負担をかけて血流に悪影響を及ぼします。

油で揚げた食べ物(油揚げ麺を使ったインスタント・ラーメンも含む)

揚げ物に使われる油には、トランス脂肪酸が含まれます。血流が悪くなり、病気になりやすいとされる物質です。油揚げ麺を使ったインスタント・ラーメンにも注意しましょう。

乳製品(ヨーグルトを含む)

乳製品は消化や吸収を妨げます。特に、朝から乳製品を摂取するのは良くないとされています。

精白された穀物(白米・白パン・白いパスタ/うどん/小麦粉食品など)

炭水化物を食べると、消化の途中で乳酸が発生します。乳酸は疲労物質であり、分解時にはビタミンB1が必要です。ビタミンB1は発芽に含まれているため、白米よりも玄米を食べましょう。

また発芽酵素玄米が簡単に炊ける自動炊飯器「酵素玄米Pro2」がおすすめです。

添加物(化合物)入りの飲食物や日用品・農薬を落としていない飲食物

食品添加物も血液の流れを悪くする物質です。かんすいの入った一般的なラーメンも含みます。できるだけ、自然食品を食べましょう。

アルコール・炭酸飲料・清涼飲料・コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料

カフェインには利尿作用があり、水分量の減少によって血液の流れが悪くなります。特にリンをはじめ、化合物入りの飲料には要注意です。リンの過剰摂取によって、骨のカルシウムを分解する原因となります。

豚肉・牛肉

動物性食品の脂質が、血流を悪くする原因となることも。脂質の少ない鶏肉に変えるだけでも、脊柱管狭窄症のリスクを減らせます。

冷たい飲食物

身体が冷えると血液の循環が悪くなり、骨や筋肉も弱くなります。

電子レンジで調理したもの

冷凍食品や惣菜といった電子レンジで簡単に調理できるものは、身体の冷えや血流の悪化につながります。

以上、主な9つの避けるべき食事をまとめました。正しい治療を受けていても、生活習慣が変わらなければ脊柱管狭窄症が再発してしまいます。自然食品の摂取を中心にして、脊柱管狭窄症の悪化を防ぎましょう。

摂取すべき食事

避ける食事に対して、積極手に接種すべきは、貝類やイワシ、サンマ、レバーいったビタミンB12を多く含むものがおすすめです。またビタミンB12は水溶性ビタミンであるため、茹でたり蒸したりせず栄養素をそのまま摂取できる料理のほうがいいでしょう。

なぜビタミンB12?

なぜビタミンB12を摂取すべきなのか。ビタミンB12には神経障害を回復させる働きがあるからです。動物性食品のみに含まれる栄養素で、体内で最も少ないのがビタミンB12とされています。

しじみやハマグリ、あさり、牡蠣(かき)、ホタルイカ、ホッケ、カツオ、アジ、牛レバーなど、好みや季節によってビタミンB12が豊富な食材を上手に食べましょう。

ちなみに脊柱管狭窄症の治療では、ビタミンB12製剤が取り入れられています。ビタミンB12製剤は、メチコバールやハイコバールなどとも呼ばれています。末梢神経の修復や神経作用の安定に関与する薬剤です。

具体的には、しびれや痛み、腰痛、眼精疲労といった症状を和らげます。運動機能や睡眠リズムの正常化、めまい・耳鳴りの緩和など、多くの薬理作用があるのも特徴です。

脊柱管狭窄症の製剤にもビタミンB12が用いられる

さらにビタミンB12は、細胞分裂に必要な核酸や葉酸の合成、血液中の酸素を運ぶヘモグロビンの生成に深くかかわっています。ビタミンB12の量が少なくなると、欠乏症として貧血や末梢神経障害などを引き起こします。

治療でビタミンB12製剤が取り入れられるほど、食事だけでビタミンB12を摂取するのがなかなか難しいとされています。もし脊柱管狭窄症のリスクを下げる食生活を目指すのであれば、サプリメントも検討してみてはいかがでしょうか?

不足する栄養素はサプリで効果的に

サプリントには、日本人に足りない栄養素を補給する役割があります。サプリメントの危険性として過剰摂取が挙げられますが、水溶性のビタミンならば飲みすぎても、過剰な成分が尿から排出されます。

ビタミンB12は水溶性ビタミンであるため、サプリメントを摂取しても大きなリスクを抱えることはありません。バランス良い食事を心がけながら、不足しがちなビタミンB12をサプリメントで補給してもいいのではないでしょうか。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト