脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP脊柱管狭窄症をケアするために日常できること健康成分を摂り入れる

健康成分を摂り入れる

脊柱管狭窄症の症状を改善させるためには、神経の圧迫を緩和することがポイントとなります。

脊柱管狭窄症におすすめな健康食品成分

神経の圧迫をとるには、神経付近の血液の流れを良くする・腰椎を支える椎間板を強くする、などがあり、これらは健康食品成分の持つはたらきでサポートすることが可能。

そこで、脊柱管狭窄症の症状改善に良いとされる作用を持つ健康食品成分をまとめてみました。
それぞれどのような働きがあるのか、実際にサプリメントを摂取している人の口コミ評判はどうか、などを一覧形式で紹介します。

悩ましい脊柱管狭窄症の痛みにはたらく健康成分リスト

クロレラ
脊柱管狭窄症へのはたらき
  • 血圧の調整や造血促進、血液浄化、血糖値のコントロールといった効果により、血流の流れを改善し脊柱管狭窄症のしびれや痛みを和らげる
特長・はたらき サプリを摂取している人の口コミ評判
  • 5億年以上生きている生命力の高い緑藻類
  • たんぱく質をはじめ、骨の生成に必要なカルシウム・マグネシウム・鉄などのミネラル、食物繊維、各種ビタミンなど、さまざまな栄養素を含む
  • 豊富な栄養素により、ほんらい人間のもつ回復力や生命力を底上げする
  • クロレラのみに含まれる健康成分「C.G.F(クロレラ・グロス・ファクター成長促進因子)」をもつ
  • 「C.G.F」の効果として、コレステロールを下げる・免疫活性・抗酸化作用・代謝機能正常化・がん予防など、数多くの健康効果に期待できる
  • 「脊柱管狭窄症と診断され、腰の激痛に悩まされていました。クロレラを摂るようになって2ヶ月くらいで、だんだん楽になり、今では痛みもほとんどありません。健康の大切さに気づいたおかげで、生活習慣も見直すようになり、コレステロール値も下がりました。」
  • 「立ちあがるのも大変で、買い物で荷物も持てず困っていました。クロレラを飲むようになって、徐々に普通の生活ができるようになり、充実した毎日を過ごしています。」
エゾウコギ
脊柱管狭窄症へのはたらき
  • 血圧・血糖値にはたらくため、患部の血液の流れを良くし、痛みやしびれを緩和する鎮静作用をもつ
特長・はたらき サプリを摂取している人の口コミ評判
  • ロシア、中国の一部、北海道東部など、自生地が限定された希少な漢方
  • 疲労回復や抗ストレス作用、睡眠の改善のほか、脳を活性化させるため、記憶力や集中力の向上に期待がもてる
  • ヒベリンという配糖体により、酸欠状態への耐性が増し、貧血にも効果的
  • セサミン・クロロゲン酸が含まれ、肝機能改善や脂質代謝改善への作用も
  • クロレラと相性が良く、一緒に摂ることで相乗的な効果が得られる
  • 「徐々に長い距離が歩けなくなり、日常にも支障をきたすようになりました。クロレラとエゾウコギを辛抱強く1年間摂り続けたおかげで、今では大好きな山歩きもできるまでに回復しました。」
  • 「脊柱管狭窄症と診断され、仰向けに寝られないほどになりました。クロレラとエゾウコギを両方摂りはじめ、1ヶ月で便秘解消、1年経つ頃には、痛みもしびれもなくなり、寝るのも歩くのも普通になりました。肝臓と腎臓の数値まで安定するようになりました。」
グルコサミン
脊柱管狭窄症へのはたらき
  • 関節の軟骨生成を助け、脊柱管狭窄症をはじめ、あらゆる関節痛・腰痛を軽減させる
特長・はたらき サプリを摂取している人の口コミ評判
  • 関節などの軟骨組織や関節液中にある、コンドロイチンやヒアルロン酸の主原料となる
  • もともと体内で合成される成分で、年齢とともに不足する
  • 体外からの摂取はカニやエビなどの甲殻類から抽出できる
  • 抗炎症作用もある
  • 「階段の上り下りなど、歩くのが辛くなったので、グルコサミンを飲みはじめました。ぎくしゃくした動きがなくなってきて、外出が楽になりました。」
  • 「一度座ってしまうと、立ち上がるのに一苦労でした。グルコサミンはそんな生活を改善してくれています。飲み忘れると、やっぱり辛くなります。」
スピルリナ
脊柱管狭窄症へのはたらき
  • 血液の循環が良くなるため、痛みやしびれを和らげ、関節痛や脊柱管狭窄症に効果がある
特長・はたらき サプリを摂取している人の口コミ評判
  • 太古の昔から存在する藍藻
  • たんぱく質を主に、ビタミンやミネラル、必須脂肪酸、グリコーゲンなど、多くの栄養素を含む
  • 細胞壁が薄く吸収しやすい
  • 整腸作用や血圧安定のほか、コレステロールをさげ、免疫力を向上させる効果も
  • 「長年愛飲し、腰痛改善や健康維持に非常に役立っています。数日飲み忘れると、あっという間に風邪をひき、ひどい腰痛に悩まされました。」
コンドロイチン
脊柱管狭窄症へのはたらき
  • 外部摂取することにより軟骨の生成をサポートし、関節や腰椎の痛みを和らげる
特長・はたらき サプリを摂取している人の口コミ評判
  • 関節の軟骨の成分の一つで、ムコ多糖の一種
  • グルコサミン同様、年齢とともに減少していく
  • 骨の生成を促す作用もあり、骨折の回復・骨粗しょう症対策にも期待がもてる
  • 保湿効果や新陳代謝を促し、美容や健康効果にも期待がもてる
  • 「朝起きるのも辛く、動きによって腰に違和感もありました。コンドロイチンを飲みはじめて、朝起きるのも楽になり、腰の違和感もいつの間にか消えていました。肌もきれいになった気がします。」
  • 「腰痛がひどく、朝、ベッドから起き上がるのも一苦労でした。でも、コンドロイチンを飲みはじめてすぐに、朝スッと起き上がれるようになり、痛みも消えてきました。飲むのをやめると再発します。」

※これらの成分の情報は、管理人が個人的に調べたものです。正確・最新の情報が知りたい方は、書籍などでお確かめください。

脊柱管狭窄症に効果のある成分を比較!

以上のように、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを緩和するとされている成分は、数多く存在します。いずれも症状へのはたらき方や特長、その効果は大きく異なり、どの成分を摂取するべきか迷ってしまうところ。

たとえ、健康補助食品のサプリメントといっても、全ての成分をカバーすることは不可能です。各成分を比較のうえ、自身に合うもの・自分が必要とするものを選んで摂っていく必要があります。

痛みやしびれを緩和するメカニズムに着目

脊柱管が狭くなることにより、引き起こされる脊柱管狭窄症。
骨や関節、椎間板、靭帯などが厚くなることで脊柱管は狭くなります。
神経が圧迫され血流に障害が起きることで、しびれや痛みといった症状があらわれる原因となっています。

これらの症状に対して、「クロレラ」「エゾウコギ」「スピルリナ」といった成分を摂取すると、血流が改善されて身体の細胞の回復を早めることによって、痛みやしびれの緩和につながるとされています。
他方で、「グルコサミン」や「コンドロイチン」といった成分を摂取すれば、クッションとなる軟骨の生成が促されるので、痛みやしびれを和らげる可能性があるのです。

どちらの種類の成分でも、脊柱管狭窄症の症状を和らげるうえでは効果が見られるようですが、血流の改善という方法は、脊柱管狭窄症だけでなく、たとえばコレステロール値の正常化や血液の循環、ストレスや睡眠に至るまで、あらゆる健康効果に期待ができます。

ただ単純に症状の緩和を目的とするのではなく、からだ全体の健康から見直せるという意味では、「血流の改善」はおすすめの方法です。
痛みやしびれ以外の症状にも悩んでいる方は、口コミなども参考にして、自分に合う成分を摂取してみてはいかがでしょうか。

※これらの成分の情報は、管理人が個人的に調べたものです。正確・最新の情報が知りたい方は、書籍などでお確かめください。

各成分の効果的な摂り方

クロレラ

クロレラの効果的な摂り方について、クロレラの効果に関する研究をもとに考えてみましょう。例えば、日本で20代の若者を対象にしたプラセボ比較試験では、クロレラ錠15錠を1日2回、4週間摂り続けたところ、サイクリング中の酸素摂取量が増加・促進されたことが報告されています。

また、高コレステロール血症の方を対象にした韓国の実験では、1日あたり5gを4週間摂取したところ、コレステロール値などの改善が見られたそうです[1]。

また、高血圧患者が毎朝クロレラ錠剤を1.5g、半年間飲み続けたところ、血圧関連の不定愁訴などが改善し、血圧も下降傾向が見られたということです[2]。

こうした研究から考えると、クロレラの摂取はある程度継続して行うことが大切で、1日1.5〜5g程度の摂取が良さそうです。

ただし、クロレラはタンパク質を豊富に含みます。そのため、タンパク質の過剰摂取によるアレルギーが引き起こされる可能性もありますので、過剰摂取はくれぐれもやめましょう、また、湿疹やかゆみなどのアレルギー症状が出る場合には、服用を中止して様子を見てみましょう。

また妊娠中・授乳中の方は安全性に関して十分な情報がないことから、自己免疫疾患の方は免疫機能を活性化する可能性があることから、服用を避けたほうがいいと「「健康食品」の素材情報データベース」にて注意喚起が促されています[1]。

クロレラにより何らかの副作用・不調が現れた場合には、速やかに服用をやめて、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

[1]

出典: 健康食品」の素材情報データベース「クロレラ」(2018年3月16日確認)
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail105.html

[2]

出典: [PDF] 「高血圧者に及ぼすクロレラの影響」日本栄養・食糧学会誌,48(6),1995(PDF)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1983/48/6/48_6_485/_pdf/-char/ja

エゾウコギ

エゾウコギの有効成分として知られているイソフラキシジンは疲労回復や関節炎などへの抗炎症作用があるということがわかっています。

エゾウコギ中の抗炎症性作用を有する成 分の検索を目的として, エゾウコギの特徴的成分であるイソフラキシジンを対象に, 滑膜肉腫細胞株SW982におけるIL-1β, IL-6, MMP-1ならびにCOX-2の遺伝子発現と細胞増殖に及ぼす影響について検討した. その結果, イソフラキシジンは 450μMの濃度 で細胞増殖を若干阻害したが, IL-1β, IL-6, MMP-1な らびにCOX-2いずれ の遺伝子発現については135μMの濃度で有意に抑制した. イソフラキシジンはまた細胞からのIL-6の産生を抑制した. 以上より, イソフラキシジンは抗炎症性作用を有する可能性が示唆された

出典:[PDF] 「エゾウコギ成分イソフラキシジンの抗炎症性作用の検討」生物物理化学,48(2),2004(PDF)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sbk1951/48/2/48_2_55/_pdf/-char/ja

モスクワオリンピックでは、エゾウコギを飲んだ旧ソ連の選手の好成績により人気が出ましたが、運動や活動前に飲むことでβ-エンドルフィンの分泌が促され、疲労やストレスの軽減が早く行われることがその理由となっています。腰への疲れを蓄積しないためにエゾウコギを飲むなら、活動を始める前の朝などが良さそうです。

ただし、心不全の治療薬ジゴキシンを服用中の方は、エゾウコギを併用摂取した際に血中ジゴキシン濃度の上昇などの弊害が報告されています。また、ドイツの薬用植物を評価する委員会「コミッションE」では、エゾウコギは高血圧患者には使用を控えるようにと指示が出されています。心不全等心疾患の治療中の方、高血圧の方、加えて妊娠・授乳中の方は摂取を控えるようにしましょう[1]。

[1]

出典: 健康食品」の素材情報データベース「エゾウコギ」(2018年3月16日確認)
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail113.html

グルコサミン

関節の痛み改善や、動きをなめらかにする栄養成分として知られるグルコサミン。インドのグルコサミンの関節に対する有効性が示唆された研究報告では、1日3回200mgの摂取を12週間続けたところ変形関節症の方の痛みの緩和や鎮痛剤使用料の減少が見られたそうです。同研究では、メチルスルフォニルメタンを同時摂取した場合の方が、グルコサミンのみを摂取したグループよりもより効果が現れていたそうです。

関節炎に及ぼすグルコサミンの影響を調べた研究では、1日当たりの摂取量が1,500mgであることが多く、1日の摂取量の目安として1,500mgを目指すといいのではないでしょうか。

グルコサミンを構成成分とするグリコサミノグリカンは生合成機能が加齢とともに低下していく傾向にあります。そのため、年齢を重ねた方ほどサプリメントなどで上手に補給していくといいでしょう。

また、グルコサミンには抗炎症作用があることも指摘されています。体のどこかに炎症が生じると、好中球という赤血球が血管内皮細胞にくっつき、血管の外にしみ出し、炎症部位に向かって遊走します。そこで異物を貪食して活性酸素や酵素を放出するのですが、この活性酸素や酵素が炎症反応を悪化させると言われています[2]。

グルコサミンは、この好中球の活性酸素生成を抑制することがわかっています。上記のような理由から、炎症が起こって痛みを感じ始めた後でも、グルコサミンの作用は期待できると言えます。

[1]

出典: 健康食品」の素材情報データベース「グルコサミン」(2018年3月16日確認)
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail24.html

[2]

出典: [PDF] 「グルコサミンの軟骨保護・抗炎症・血液サラサラ効果」日本食生活学会誌,19(1),2008(PDF)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh/19/1/19_1_3/_pdf/-char/ja

スピルリナ

スピルリナは、まだまだヒトを対象とした疫学研究が進んでいない栄養素です。とはいえ、抗炎症作用や免疫を高めてくれる作用や抗酸化作用などがあるとラットなどを使った実験で証明されつつあります。

ラットにおいて、Compound48/80腹腔注射によるアナフィラキシーショックの誘導及び血中しヒスタミン量の上昇は、スピルリナ1mg/g体重を前もって腹腔注射することで抑制された。またヒスタミンあるいはCompound48/80の皮膚塗布1時間前にフィコシアニンあるいはH1遮断抗ヒスタミン作用薬プロメタ人を経口投与したラットではアレルギー性皮膚炎症が減少した。

出典: [PDF] 「サプリメントとしてのスピルリナの機能研究」日本食生活学会誌,18(1),2007(PDF)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh/18/1/18_1_19/_pdf/-char/ja

このように、事前にスピルリナを体内に取り込んでおくことでヒスタミン作用が抑えられることがラットの研究でわかっています。痛くなる前に飲んでおくことで痛みが予防できる可能性もありますから、毎日定期的に摂取するのが望ましいと言えるでしょう。

スピルリナの中には、水銀やカドミウム、細菌などの不純物を含むものがありこうしたスピルリナの摂取は危険です。現に、日本でも市販されているスピルリナ含有製品から有害物質が検出された事例もあります。しっかりとメーカーが生産方法や生産地などを明記したものを選びましょう。

また、複数のサプリメントを服用していたり、服薬中の方は薬剤性過敏性症候群などが現れる可能性もあります。念のため、服薬中の方はスピルリナを服用していいかどうか、かかりつけの薬剤師さんや医師に相談するようにしましょう。

また、サプリメントも適切な用法・用量を守りつつ、何か異変が生じたらすぐに飲むのをやめるようにしましょう。

 

 出典: [PDF] 「サプリメントとしてのスピルリナの機能研究」日本食生活学会誌,18(1),2007(PDF)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh/18/1/18_1_19/_pdf/-char/ja

コンドロイチン

加齢に伴って体内での供給量が不足していくコンドロイチン硫酸。関節の弾性やスムーズな動きなどをサポートするほか、頭痛や神経痛などにも効果がある栄養成分です。

年齢により減っていってしまうことから、今症状がないという方でも、加齢により不足した分を日頃から補っていくことで、老化に伴う体の不調予防につながります。

コンドロイチン硫酸は関節の弾性・円滑性保持,皮膚への保湿性付与,骨 成長,老化による眼球 ・角膜の混濁防止等多岐に及ぶ生理作用を持ち,頭痛,神経痛,関節痛,五十肩,眼疾患など様々な病気に効果があると言われている2一6)。コンドロイチン硫酸は本来,生体内で合成される物質であるが,老化とともにその合成量は低下する。このため,軟骨が存在する膝,肘,肩等関節へ の加齢に伴うコンドロイチン硫酸供給量の不足によって関節の円滑性が損なわれることが腰痛,関節痛等の一因となりうる

出典: [PDF] 「(4GlIcAβl-3GalNAc (6S) βl) n (コンドロイチン-6-硫酸)」有機合成化学協会誌,61(3),2003 (PDF)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/61/3/61_3_246/_pdf/-char/ja

国立健康・栄養研究所の開設している「健康食品」の素材情報データベースによれば、コンドロイチンは適切な服用であれば経口摂取でも安全で2ヶ月〜半年までの継続投与は安全と記載されています。ただし、経口摂取でまれに副作用を引き起こす場合があるため、血液凝固不全の方、妊娠中・授乳中の方、小児、喘息患者などは使用を控えるか注意が必要と指摘しています。

 

出典: 健康食品」の素材情報データベース「コンドロイチン」(2018年3月16日確認)
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail580.html

※これらの成分の情報は、管理人が個人的に調べたものです。正確・最新の情報が知りたい方は、書籍などでお確かめください。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト