脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP脊柱管狭窄症をケアするために日常できること姿勢に気をつける

姿勢に気をつける

脊柱管狭窄症で気を付けたい、姿勢に関する雑学をまとめています。

脊柱管狭窄症に良い姿勢・悪い姿勢

姿勢の良い女性のイメージ脊柱管狭窄症は、脊椎にある脊椎管が狭くなり、その中を通る神経を圧迫することにより、痛みやしびれが生じます。

脊柱管が狭くなる原因は、脊椎の骨やその間にある椎間板のズレ、加齢による軟骨の摩耗が多いようです。

そのため、背筋を伸ばしたり、体を反らせると、脊椎が脊柱管のほうに伸ばされるため、脊柱管を狭くし、神経を圧迫してしまいます。
無理に背筋を反らす、長時間同じ姿勢でいる、長時間歩くなどは、結果的に脊柱管を圧迫する動きになってしまうため、できる限り行わないようにします。

痛みの症状が出た場合には、前かがみになりましょう。
前かがみになると、脊椎も前傾し、その分脊柱管が広がるので、痛みが和らぎます。

「階段を上るときは楽になる」という方が多いですが、それは階段を上る姿勢が自然と前かがみになるため。
逆に、階段を下りるときには、自然と背筋をそらす姿勢になるため、痛みが発生することが多いようです。階段を下りる際には、手すりなどに掴まって、できるだけ前かがみになるようにすると、痛みが和らぎます。

横になるときにも注意が必要です。仰向けになるときには、膝の下に枕や丸めたタオルを入れるなどして、足を軽く曲げ、頭部にも枕を使って、背骨が軽く丸まるようにします。

うつぶせ寝は、背筋を伸ばしてしまうため、絶対にやめましょう。

腰を伸ばすような、一般的な腰痛運動も避けます。脊柱管狭窄症向けの体操やストレッチがありますので、そちらを実践するようにしましょう。

また、食品の中には、神経に良い影響を与える成分や血液の流れを良くする成分など、痛みやしびれに効果的な成分があります。これらの成分を積極的に摂り入れることも重要です。

痛みを悪化させない姿勢を心がけることとともに、血流改善などを考えた食生活に改善していくことを進めていきましょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト