脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ片足が痛む・しびれる

片足が痛む・しびれる

片足のしびれなど、腰部脊柱管狭窄症の症状や、その原因についてまとめています。

片足だけのしびれは神経根型の腰部脊柱管狭窄症の可能性

片足が痛い男性のイメージ腰部脊柱管狭窄症には、脊柱管の中のどの神経の部分が圧迫されるかによって、さらに分類されます。

神経根型の脊柱管狭窄症は、脊柱管の内部、左右両側にある神経根が圧迫されることによって出る症状をいいます。
神経根は左右両側にあり、その片方だけが圧迫されている場合がほとんどで、その場合は、片足だけに、しびれや痛みの症状が出るのが特徴です。例は少ないですが、中には両側の神経根を同時に圧迫することもあり、その場合は両足に痛みやしびれなどの症状が出ます。

神経根型の腰部脊柱管狭窄症は、腰を反らせた場合にその症状がひどくなります。前屈の姿勢をとると症状が和らぎます。

歩行の場合も、歩き続けると痛みやしびれが大きくなり、前屈の姿勢で少し休むと症状が和らぎます。

主な原因
  • 軟骨のズレや肥厚などによる、脊柱管(穴の空いた複数の骨が連なっている部分)の両側から出て行く神経の根本の圧迫
主な症状
  • 片足のしびれや痛み(稀に両足)
  • 腰を反らせたときに症状が重くなる
  • 前かがみになると症状が和らぐ

神経根型の腰部脊柱管狭窄症の治療法

病院での検査では、問診や所見をはじめ、CTやMRIを撮り、そもそも脊柱管狭窄症であるか、神経の状態はどうなっているのかを調べていきます。

また、直接、神経根に麻酔を注射する神経ブロックを試みて、痛みなどの症状が消えた場合は、神経根を圧迫している神経根型の脊柱管狭窄症であると診断されることも。

この神経ブロックは、治療にも使われます。

神経根型の腰部脊柱管狭窄症だとわかった場合には、まず、保存療法を行います。
痛みをとるための薬物治療神経ブロック注射、また、腰椎を牽引するなどの理学療法を行うことで、症状が改善することが期待できます。

治療は早めに行うことが重要です。
もし、神経の圧迫だけでなく、神経自体が損傷してしまっている場合は、体質改善からじっくりと行う必要があり、治療にも時間がかかるほか、治療をしてもしびれが残ることがあります。

片足の痛みやしびれを感じたら

片足の痛みやしびれを感じたらこれらの症状は、脊柱管狭窄症である可能性が非常に高くなります。

脊柱管狭窄症である場合、その症状の多くは血流障害によるもの。血流を改善させることでも、症状は大きく軽減される場合があります。

血流を改善させる方法としては、患部を温めるほか、血流に直接作用する成分を摂取することが効果的とされます。

片足の痛みやしびれを感じたら、サプリメントなどを用いて以下のページで紹介する健康成分を摂り入れ、血流を改善させることで脊柱管狭窄症の対策をとりましょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト