脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ首の周りが凝る・腕がしびれる

首の周りが凝る・腕がしびれる

首の周りにあらわれる、頚部脊柱管狭窄症の症状や原因をまとめています。

首周りのコリに隠れる頚部脊柱管狭窄症の症状

首が痛い男性のイメージ

脊柱管狭窄症といえば、腰部が主ですが、脊椎は首から腰までつながっていて、その首のあたりの頸椎の脊柱管が狭くなる「頚部脊柱管狭窄症」という症状もあります。

頚部脊柱管狭窄症とは、首と腰をつなぐ背骨である脊椎の中の中央部分に位置する脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫され、首や腕などに痛みやしびれが現れる症状です。

首にある頸椎は脳から体への指令を出す神経が通る重要な部分です。
以下の症状がある場合には、まずは病院での受診をお勧めします。

主な原因
  • 首周りの椎骨(背骨を形成する個々の骨)の間にある靭帯が厚くなったこと(あるいは骨化したこと)による神経の圧迫
主な症状
  • 肩や首周りの筋肉がこっている、常に緊張したような状態である
  • 二の腕の外側に痛みやしびれがある
  • 肘から下、親指や人差し指まで痛みやしびれがある
  • 指先までしびれや痛みがある
  • 握力が弱くなった
  • 指が動かしにくい

これらの症状は、急に現れるというよりも、徐々に進行し、慢性的に続きます。
そういえばずっと痛いな、そういえば握力が弱くなったな、など、思い当たることがあれば、一度、病院を受診しましょう。

頸椎椎間板ヘルニアや頸椎症と同じような症状なため、一見、それらの病気を疑いますが、頚部脊柱管狭窄症の場合は、病院でMRIなどを撮ることにより、脊柱管が狭くなっているかどうかを知ることができます。

頚部脊柱管狭窄症が進行し、神経に障害を与え始めると、事態は深刻になってきます。
とにかく、早めの診断、早めの治療が大切なのです。

頚部脊柱管狭窄症の治療

頚部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなることで、血流の流れを悪くし、末梢神経へも障害を与えていきます。

血流を良くするために、痛みやしびれなどの症状がある部分を温める温熱療法をとることが一般的です。
温めて血流を良くすることで、痛みやしびれを改善していきます。

また、体全体を調整するなど、根本的な治療も。
これについては、その状態にもよりますが、姿勢やゆがみなどを直していく方法や、重度の場合は手術という方法もあります。

サプリメントの摂取も有効な治療方法のひとつ

この他にも、脊柱管狭窄症のつらい症状に対しては、血流を大きく改善させる成分を摂取する方法があります。

血流の改善には「血圧調整」「血をつくる力の促進」「血糖値を下げる」「血液を綺麗にする」といった、さまざまな力が必要となります。

これらは、患部を温めたり姿勢を正すのみでは、なかなか難しいもの。

以下のページで紹介している血流改善に効果のある健康成分を摂取し、内側から痛みやしびれを改善させていきましょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト