脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ両足がしびれる・残尿感がある

両足がしびれる・残尿感がある

両足のしびれなど、腰部脊柱管狭窄症が原因と思われる症状について調べています。

両足のしびれは馬尾型の腰部脊柱管狭窄症の可能性

脊柱管狭窄症に悩む男性のイメージ腰部脊柱管狭窄症の中に、馬尾型という分類があります。
馬尾とは、脊柱管内部の中央にある神経の束のことです。脊柱管が狭くなることにより、この馬尾が圧迫され、痛みやしびれなどが出ている状態を、馬尾型の脊柱管狭窄症と言います。

馬尾型の脊柱管狭窄症の場合、両足のしびれや麻痺が広範囲に出ます。

また、下肢全体に脱力感が見られるなど、前に紹介した神経根型よりも、症状が広範囲で重いのが特徴です。少し歩くと辛くなる、間欠跛行の症状も見られます。

さらに、馬尾は、膀胱や直腸への働きにも関係しているため、残尿感などの膀胱の異常も見られます。股間にも異常を感じるようになり、男性では異常な勃起女性では会陰部のほてりなどの症状があります。
これらの症状がある場合は、早めに医師の診断を受けましょう。

主な原因
  • 加齢による骨の変形や、靭帯の肥厚などによる、馬尾(脊柱管の中央にある神経の束)の圧迫
主な症状
  • 両足のしびれや麻痺
  • 下肢全体の脱力感
  • 残尿感などの膀胱の異常
  • 男性の場合、異常勃起
  • 女性の場合、会陰部のほてり

馬尾型の脊柱管狭窄症の治療法

病院に行くとまず、問診がありますので、その時、足の痛みやしびれなどもちろん、もし、残尿感や異常勃起や会陰部のほてりがある場合には、必ず伝えましょう。

これらの症状は一見、関係なさそうで、また伝えにくいことではありますが、医師が診断する上で、非常に重要な症状です。

馬尾型の脊柱管狭窄症と診断された場合は、手術する可能性が高くなります。手術を行えば、痛みや間欠跛行(長く歩けない症状)の症状は改善されるでしょう。
しかし、そもそも神経が傷ついてしまっている場合は、神経は元に戻らないので、しびれが残ってしまう可能性が高いです。

馬尾型の場合は、症状も重く、自然治癒も見込めないため、早期に発見し、早期に治療を始めることが非常に重要になります。
早く治療を開始できれば、手術をせず、神経ブロック治療や保存療法で改善できるケースもあります。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト