脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめほかの疾病による症状

ほかの疾病による症状

すべり症や坐骨神経痛など、脊柱管狭窄症と関係のある病気とその症状について調べています。

脊柱管狭窄症によく似た症状・病気

脊柱管狭窄症に類似する症状とは?を調べるイメージ脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなり、中の神経を圧迫することで起きる症状ですが、ほかの病気でも、脊柱管狭窄症と同じような症状の出るものがあります。

それぞれ原因が違うのですが、併発する病気・症状などもあるので、事前にしっかりとした知識をもっておくとよいでしょう。

どのようなものがあるのか、いくつか解説していきます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、椎骨の間にあり、クッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が、
何らかの原因によって飛び出してしまう状態のことをいいます。

この飛び出した部分が、神経などを圧迫することにより、痛みやしびれなどを引き起こします。

すべり症

すべり症とは、腰椎が何らかの原因によりずれてしまうことをいいます。前にずれた場合、前方すべり、後ろにずれた場合、後方すべりと呼びますが、ほとんどの場合は、前方にずれます。

さらに、生まれつき問題のある形成不全性すべり症、椎弓の一部が割れてしまう分離すべり症、閉経頃の女性に多い変性すべり症があります。

症状は、いくつかありますが、腰痛や足のしびれ、間欠跛行など、脊柱管狭窄症と非常によく似た症状です。
特に、変性すべり症の場合は、馬尾神経がある部分がずれるため、馬尾型脊柱管狭窄症の症状でもある、残尿感や異常勃起、会陰部のほてりなどの症状も見られます。

変形性腰椎症

変形性腰椎症とは、腰椎の形が変形し、それによって神経を圧迫してしまう状態です。

腰痛や足のしびれなどを引き起こします。原因は、加齢をはじめ、同じ姿勢を長時間続けたり、腰に過度の負担をかけるなどして起こります。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、坐骨の部分から足の先まで走っている坐骨神経が圧迫される症状です。

神経が長いため、症状の出る部分は、腰やお尻、太もも、ふくらはぎ、足の先と、さまざまに及び、痛みやしびれ、張りを感じます。

坐骨神経痛は症状の一種です。脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどが原因で、坐骨神経痛の症状が出ることがあり、これらが治れば、坐骨神経痛も改善されるでしょう。

ただ、原因がわからない場合は、坐骨神経痛が病名になることがあります。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト