脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

このカテゴリでは脊柱管狭窄症になったときの、病院探しから手術後のリハビリまでの一連の流れを解説しています。

その痛み…脊柱管狭窄症では?

加齢と共に腰・脚・首・腕・の痛み、感じていませんか。

それらの原因になる病気はたくさんありますが、その一つに「脊柱管狭窄症」というものがあります。

これは脊椎の中央にある脊柱管が狭くなり、中にある神経を圧迫してしまうことによって、痛みやしびれを引き起こす症状です。

脊柱管狭窄症は、早期発見と早期治療でその後の症状がまったく違ってきます。

発見が遅れてしまうと介護が必要になってしまったり、寝たきりになってしまったりすることもあるので、「脊柱管狭窄症かも?」と思ったらすぐに診察を受けましょう。

病院探しからリハビリ内容まで解説

ここでは脊柱管狭窄症になってしまったときの、病院探しからリハビリまで一連の流れをそれぞれ詳しく解説しています。具体的には以下のとおりです。

脊柱管狭窄症の名医・名病院リスト

この病気の名医、および所属する病院を紹介しています。

脊柱管狭窄症と診断される基準

大きく3つに分けた診断基準を解説します。

脊柱管狭窄症が治るまでの期間

治るまでの期間や手術入院についても紹介しています。

脊柱管狭窄症の手術を決断する前に知っておくべきこと

費用やリスクなども事前に知っておきましょう。

脊柱管狭窄症手術のリハビリ内容

手術後のリハビリ内容を説明します。

加齢とともに足腰が痛くなった人は要注意です。脊柱管狭窄症手術かな?と思ったら早めに病院の診察を受けましょう。

脊柱管狭窄症の名医・名病院リスト

この病気の名医、および所属する病院を紹介しています。名医・名病院を探すポイントとして大切なのは、まず実績があるかどうかですね。 とても高度な技術が求められる手術になるので、治療経験がたくさんある医師のほうがいいですし、治療をした実績の多い病院のほうが安心できるのは間違いありません。ウェブサイトをチェックすると今までの経験や実績などを確認することができます。

また、名病院といわれる病院であれば、脊椎外来科などの専門外来が設置されていることも多いです。どこに名医がいるのか、どこが名病院なのかわからない…というときは専門外来がある病院を探してみましょう。専門外来があるということは、それだけ脊椎管狭窄症の治療に自信がある、という現れでもあります。

それ以外にも、脊椎脊髄外科指導医がいるか、脊椎内視鏡下手術・技術認定医がいるか、ということも大きなポイントです。

リストでは、名医や名病院と呼ばれる医師・病院をピックアップしてご紹介しているので、治療をする際に参考にしてくださいね。安心して治療を受けるために、どこで治療を受けるかは自分で決めましょう。

脊柱管狭窄症と診断される基準

大きく3つに分けた診断基準を解説します。問診・手技検査・画像検査の3ステップが診断のためには必要です。このどれがかけても正確な診断とはいえないので、病院で診察をしてもらう際にはこの3つを診断してくれるかどうか、確認しましょう。

脊柱管狭窄症らしい症状が出てきたとしても、脊柱管狭窄症ではない可能性もあります。本当に脊柱管狭窄症かどうかを検査する段階で、違うとなればまた別の病気である可能性も探ることができます。

どのような診断方法になるのか、詳しく見ていきましょう。

脊柱管狭窄症が治るまでの期間

治るまでの期間や手術入院についても紹介しています。診断を受けてから、治療は投薬や電気、手技、ブロック注射など様々な方法があります。しかし、これらで治療をしていても改善しないと手術になりますが、手術には入院が伴います。基本的な手術であれば、入院は1週間~2週間となりますが、症状の状態や回復の個人差で変動があります。ただ、入院をしている期間内でほぼ普段通りに生活できるようになるので、退院後は早めに社会復帰も可能です。

実際に入院してから退院するまでどのような入院生活になるのか、ご紹介します。

脊柱管狭窄症の手術を決断する前に知っておくべきこと

手術をするうえで心配になってしまうのが、費用やリスクでしょう。脊柱管狭窄症の手術方法は2つあるため、どちらを選択するか、どちらが治療には有効かによって費用やリスクもかわります。

手術の費用は手術費だけではなく、入院にかかる費用もまとめて考えておかなくてはいけません。さらに、失敗するリスクもゼロではありません。だからこそ名医や名病院と呼ばれるところで手術を受けることをおすすめします。

脊柱管狭窄症手術のリハビリ内容

手術後のリハビリ内容を説明します。手術を受けてからは、そのまま治っていくというわけではなく、回復するためには努力が必要。ちゃんとリハビリをすることが必要なので、入院をしている間にリハビリを始めなくてはいけません。退院後普段通りに生活ができても、完全にとは言えない部分があるようで、退院後もリハビリは必要となる場合が多いです。

実は脊柱管狭窄症の手術後は、リハビリがとにかく大事だといわれています。リハビリを頑張ることで血流が改善されて再発リスクを低下させることもできるのだとか。

年齢や回復の状態によって必要となるリハビリも違うため、しっかりと指導されるとおりにリハビリをして完全回復を目指していきましょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト