脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ手術の費用やリスク

手術の費用やリスク

脊柱管狭窄症の手術の方法、費用、リスクについて説明します。

脊柱管狭窄症の手術方法

脊柱管狭窄症の手術の方法には大きく分けて2通りがあります。

除圧術

1つ目は除圧術と呼ばれるもの。神経への圧迫を取り除く手術です。

除圧術は背骨が安定している人が受けられます。

なお除圧術は、さらに開窓術(かいそうじゅつ)・椎弓(ついきゅう)切除術・脊柱管拡大術と手術方法が分かれます。

除圧固定術

2つ目は除圧固定術と呼ばれるものです。背骨を安定させるために、神経への圧迫を取り除いた後骨を移植します。移植した骨は、金属を使って固定。

背骨が不安定な人に対して行われる手術です。

なお手術は、内視鏡で行われることもあります。

手術費用はどのくらいか?

一般的な除圧術であれば30万円~40万円、除圧固定術であれば40万円~60万円、内視鏡を使用した手術を行った場合は16万円程度

また手術費用の他に、手術にともなって入院費用も発生します。入院費用は病院によって大きく異なるので病院に確認しましょう。

1週間から2週間の入院が必要になるため、個室を希望する場合は入院費用が高額になるケースもあります。

脊柱管狭窄症の手術のリスク

手術を検討している方は、リスクも理解しておきましょう。

失敗するリスクは?

脊柱管狭窄症の手術は大きな神経の付近を扱います。

かつてはヘルニアの手術などで、神経に傷をつけてしまった…などという失敗例も時々あったようですが、現代医療ではそのようなケースはあまりみられなくなりました。

少なくとも内臓系の手術に比べた場合、骨の手術のほうがはるかに失敗するリスクは低いと言えるでしょう。

完治するの?

痛みやしびれが完全にとりきれないケースもあるようです。

日常生活に支障のあるようなものではありませんが、確実に痛みとしびれがとれるとは言い切れません。

他の大きな手術に比べればリスクの低い手術ではありますが、高齢者は特に今後の体力や筋力にも影響が出る場合があります。

手術をする際には事前にしっかりと医師からの説明を受けておきましょう。

手術を決める前に

一刻も早くよくなりたいという方にとって、失敗するリスクが低い手術は、脊柱管狭窄症を改善する良策のひとつです。

しかし、その手術費用や入院期間、完治する可能性を考えると、積極的に受けることのできない現状もあります。とくに脊柱管狭窄症は、高齢者に多い病気。術後の回復や体力・筋力への影響も考慮しなければいけません。

脊柱管狭窄症を軽減させるには、現状に合ったさまざまな方法を知る必要があります。

中でも、以下のページで紹介している痛みやしびれを緩和し改善させる栄養素や健康成分は、食事やサプリメントによって簡単に摂取可能。ご高齢の方でもお手軽におこなえる方法のひとつとなっています。

脊柱管狭窄症の手術後の再発について

脊柱管狭窄症は、手術をしたとしても、数年後に再発するリスクもゼロではありません

手術後の再発リスクに関する統計

「腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 2011」によれば、腰部脊柱管狭窄症で手術治療をした人の予後を調べた調査では7~8割程度の人が良好な予後結果となっていたそうです。ところが、手術後8〜10年以上経つと、予後の成績は65パーセントと若干減ります。

参考:『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 2011』
http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0102/G0000369/0026

ただし、手術をしたからといって症状が全くなくなるわけではなく、足のしびれに関しては、78.2パーセントの患者に残っていたというアンケート調査結果も報告されています。

手術により改善しにくい症状について,加藤らは,腰部脊柱管狭窄症患者の手術症例63例中55例の自覚症状を術後1年で評価した4).その結果,安静時症状が,歩行時に出現する症状よりも改善しにくく,安静時の下肢しびれが残存しやすかった(EV level II).原田らは術後1年以上経過した298例(全366例中81.4%)に対するアンケート調査を行い,術後に足部のしびれが78.2%に残存していたと報告している

出典:『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 2011』』
http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0102/G0000369/0026

手術後の再発を左右する要因

手術をしたからといって、必ず根治したり痛みがなくなったりわけではない脊柱管狭窄症。再発の有無や後遺症の有無を左右する要因にはどんなものが考えられるのでしょうか。

発症からの期間の長さ

脊柱管狭窄症の罹病期間と術後の成績を調査した研究では、固定もしくは非固定の除圧式手術後の成績は、罹病期間が短い方が良かったと報告されています。

参考:『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 2011』
http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0102/G0000369/0026

ちなみに、手術時に高齢かどうかは手術後の成績の良し悪しを左右しないという海外の研究報告もあります。体力的な問題などの心配もありますが、手術を「高齢だから避けなければならない」と考えすぎる必要はないようです。

Arinzonらは283例の後ろ向き比較研究から,75歳で分けた2群の成績比較により高齢であっても同等の手術成績を期待できると報告した

出典:『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン 2011』
http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0102/G0000369/0026

うつ症状の有無

また、脊柱管狭窄症患者の術後の結果と、手術前のうつ状態を調べた海外の研究では、うつ症状の有無も術後の成績に影響していると報告されています。 術前にうつ症状があった人は、術後の痛みの改善や歩行能力の改善などで改善度合いがうつ症状がなかった人よりも芳しくない結果だったそうです。

参考:『Depression is associated with poorer outcome of lumbar spinal stenosis surgery 』Sinikallio S, Aalto T, Airaksinen O et al:Depression is associated with poorer outcome of lumbar spinal stenosis surgery. Eur Spine J 2007
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2219645/

再発・後遺症として見られる症状

それでは具体的に、脊柱管狭窄症の手術にはどんなリスクがあるのでしょうか? 手術による予後が悪くなる原因は「高度神経障害」「術前の病態把握の問題」「手術技術の問題」などが考えられます。

例えば、糖尿病の血糖コントロールが悪い方や免疫力の低下した方の場合、手術により感染症にかかるリスクがあります。また、手術後に骨を固定していた金属部分が、骨の強度不足で崩れてしまったり、金属が外れてしまえば再手術の必要が生じます。骨粗しょう症やリウマチの方、ステロイド内服薬を服用している方の場合、このリスクが高まります。

また、先ほども少し触れましたが、術後には8割程度の方が下肢に何らかの痺れが残るという報告もあります。

リスクや再手術の可能性があると聞くと、「手術をするべきかどうか」の判断が難しいと感じることもあるかもしれません。 手術費用や、手術をしても完治する可能性などを総合的に判断すると、手術をするべきかどうか迷ってしまうのは当然です。患者さんによってその他の病気の有無や、体力、症状の程度、年齢などが異なります。納得できるまで、医師とじっくり相談してみましょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト