脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOPこんなにある!腰痛を引き起こす病気吐き気が伴う腰痛の時に可能性のある病気

吐き気が伴う腰痛の時に可能性のある病気

吐き気を伴う腰痛がある場合、さまざまな病気の可能性が考えられます。痛みが出ているのは腰ですが、内臓に疾患がある場合も。可能性のある病気をピックアップし、その症状や改善方法を解説していきます。

吐き気が伴う腰痛から考えられる病気

吐き気の伴う腰痛が起こった場合、「腎不全」「腎盂腎炎」「腎動脈狭窄症」「尿路結石」「月経前症候群」「胃がん」「脊柱管狭窄症」の7つの病気である可能性があります。それぞれの特徴や改善方法を、詳しく見ていきましょう。

◆腎不全

軽くジャンプをして、かかとから着地してみましょう。腰の上部や背中の下部、腰と背中の中心あたりに痛みを感じたら、腎不全の疑いがあります。

腎不全は腎臓が機能しなくなることで起こる病気。腎臓は血液中の老廃物をろ過し、尿として排出する役割を持っているため、うまく機能しないと身体に老廃物が溜まってしまいます。だんだんと手足がむくみ、吐き気が出てくるのが特徴。腎臓は腰のやや上あたりに位置しているため、腰にも痛みを感じます。放置すると命に関わる危険もあるので、疑いのある人はすぐに病院で診てもらいましょう。

◆腎盂腎炎(ジンウジンエン)

腎臓でつくられた尿がたまる部分を腎盂と言います。腎盂腎炎は、この腎盂が大腸菌に感染することで炎症を起こす病気です。

発症すると腰やわき腹に鈍い痛みを感じ、血尿や悪寒、発熱などの症状があらわれるのが特徴。吐き気や怠惰感を感じることもあります。症状が悪化すると毒素を尿として排出できない「尿毒症」になる危険があるので、放置は禁物。抗生物質と十分な水分をとり、安静にするのが有効です。

◆腎動脈狭窄症(ジンドウミャクキョウサクショウ)

腎臓へ血液を送っている腎動脈が詰まる、腎動脈狭窄症という病気も吐き気を伴う腰痛があらわれます。

血液が流れにくくなるため十分に老廃物をろ過できなくなり、体内に老廃物が蓄積。体のむくみといった腎不全に似た症状があらわれます。進行具合が中期までであれば身体に大きな影響はありません。しかし、悪化すると腎不全を併発する可能性が高まるので、定期的な検査で様子をみてください。

◆尿路結石

尿路結石とは、結石と呼ばれるシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムのかたまりが尿管に詰まってしまう病気です。尿がスムーズに排出されず、たまった尿によって尿管内の圧力が高まるので、腰や背中に痛みを感じます。老廃物を体外に排出できないため、吐き気を伴うことも特徴。

カルシウムの摂取や適度な運動を心がけることで、結石が排出されやすくなります。それでも症状が改善しない場合は、病院で結石を排出する手術を受けるのが良いでしょう。

◆月経前症候群

女性特有の病気に、月経の10~3日前にあらわれる月経前症候群というものがあります。ホルモンバランスの乱れやストレスが原因と言われていて、月経がはじまると症状が治まることが特徴です。

あらわれる症状は人によって様々で、腹痛や吐き気のほかに、お腹や乳房の張り・頭痛・食欲不振・めまいなど。カフェインや糖分をさけ、ビタミンやミネラルを積極的に摂取するなど、食事に気をつけるのが効果的です。症状がなかなか改善しない場合は、産婦人科へ相談に行きましょう。

◆胃がん

腰から背中にかけての痛みやみぞおちあたりに違和感がある場合、胃がんの可能性があります。胃もたれやお腹の張りを感じ、進行すると吐き気を感じることも。このような症状が続く場合は、消化器科で1度診てもらうと良いでしょう。ただ胃潰瘍や十二指腸潰瘍でも似たような症状があらわれるので、必ずしも胃がんというわけではありません。

◆脊柱管狭窄症(セキチュウカンキョウサクショウ)

背骨にある脊髄が通るトンネルのことを、脊柱と呼びます。脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の変形によって脊柱が狭まってしまう病気。腰や首に血流障害が起きることで、痛みや吐き気があらわれます。

加齢が原因であることが多いため、50代以上の方によく見られる病気です。しかし、最近では生活習慣の乱れが原因となって発症することもあるため、若い方も要注意。痛みがひどい場合は病院で検診を受けてください。運動やサプリメントによって血流を改善させるのも、痛みの解消に有効です。

吐き気だけでなく発熱や突然の痛みに襲われた場合は、これまでにあげた病気以外が原因で起こっていることがあります。熱が伴えば化膿性脊椎炎や急性腹膜炎、突然痛みと吐き気が起こるなら食中毒や脳卒中の可能性も。症状があらわれたら自己判断せず、一度病院で受診することをおすすめします。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト