脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOPこんなにある!腰痛を引き起こす病気椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

腰痛の代名詞とも言える椎間板ヘルニアについて、症状、原因、治療法を詳しく解説します。

人には理解されない激痛。それが椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、腰椎(背骨の腰の部分)にある軟骨組織の一部が、本来ある場所から外に飛び出してしまっている状態のことを言います。飛び出した軟骨組織が近くを通っている神経に触れてしまうと、激しい痛みを感じます。痛みが最も強く表れるのは腰です。次いで、左右どちらかの足に痛みやしびれを感じる場合があります。
症状が進行すると、立ち上がることが困難になります。横になった状態で体を曲げることができない、ということも。くしゃみや咳をするだけでも激痛が走り、最終的には排尿・排便に障害をきたします。

こうして症状を挙げると、とても恐ろしい病気に聞こえますが、実はほとんどの場合、慢性化する前に痛みは自然治癒してしまいます。痛みだけでなく、「軟骨が飛び出している」という状態自体が消滅してしまうこともあります。
ただ、症状が緩和し始めるまでの1週間程度は、人には理解されないほどの激痛と戦わなければいけません。

代表的な2つの原因

椎間板ヘルニアには、大きな2つの原因が考えられます。

◆腰への負担の蓄積

仕事やスポーツなどで、習慣的に腰への負担を蓄積している人に発症する例が多く見られます。
腰は普段、腹筋や背筋の力で支えられています。しかし、こうした筋肉では支えきれないほどの負荷を受けると、軟骨が壊れてしまい、そこから組織の一部が外に飛び出してしまうのです。

◆遺伝

生まれつき腰椎の構造に問題がある人に発症するケースです。
そもそもの構造上に問題があるため、腰に特別な負荷を与えなくても発症してしまいます。また、腰への負荷の蓄積による発症のリスクも、一般的な人と比べると非常に高いのが特徴です。

治療法~末期では手術も必要~

段階に応じて、保存療法と手術療法により治療します。

◆保存療法

多くの場合は、保存療法、簡単にいえば、安静にすることで症状が改善されていきます。ただし、安静にしている間でも痛みとの戦いになるため、なるべく早く痛みを解消するための治療を行います。
具体的には、神経ブロック(ステロイド薬の注射など)、 薬物療法(非ステロイド性消炎鎮痛薬など)が施されます。

◆手術療法

軟骨組織の露出部分を切除します。同時に、骨を固定する手術を行う場合もあります。なお、椎間板ヘルニアの場合は、ほとんどが保存療法で改善するために、手術は特別な症状に陥った場合に限り行われます。
厚生労働省は、「排尿・排便障害が起こってから48時間以内」の手術を推奨しています。

椎間板ヘルニアの予防法

腰への負担が蓄積することで発症する椎間板ヘルニアの予防には、何よりも腰に負担をかけないことです。日常生活での過ごし方や、筋トレなど今日からできる予防法をご紹介します。

正しい姿勢を心がける

デスクワークや長時間の運転などで座っていることが多いなら、腰に負担をかけない正しい座り方を心がけましょう。

ヘルニアを予防する正しい座り方を実現するには、椅子の高さは座った時に膝・足首の角度が直角になる高さが理想です。椅子に深く座り、お尻が背もたれにくっつくように腰掛けましょう。その後、背筋をまっすぐ伸ばし、下腹部に力を入れましょう。これが正しく座っているときの姿勢です。

とはいえ、長い時間座っていると、どうしても腰に負担がかかります。長時間座り続けたりする仕事をしている人は、椎間板ヘルニアの発生率が高いという研究も報告されています。

長時間座り続けたり,ある姿勢で仕事を継続する労働も腰痛の危険因子である.この例示職種としては,タイピスト,速記者,VDT従業者,長距離運転手などがある.1日の労働時間の半分以上を自動車運転に費やす者は,椎間板ヘルニアの発生率が3倍多いという報告がある.これは,長時間の座位姿勢保持と振動との影響とされている.また,就業時間の大部分を座位あるいは立位で費やす者は,腰痛の発生リスクが高いとも指摘されている.

出典:『職業性腰痛の現状と展望』栗原,日本腰痛会誌,8(1),2002
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yotsu/8/1/8_1_10/_pdf/-char/ja

1時間〜2時間に1回程度は休憩し、ストレッチなどをしましょう。腰から背中にかけての筋肉の緊張をほぐし、疲労性腰痛を予防する腰痛体操は、椎間板ヘルニアの予防にもつながります。

筋トレ

慢性的な腰痛解消のための腰の筋トレは、腰痛だけでなく椎間板ヘルニアの症状軽減や予防にもつながります。自前のコルセットとも言える、腰回りの筋肉(コルセット筋)を椅子に座ったまま鍛えられる簡単な筋トレ方法をご紹介しましょう。

コルセット筋を鍛えるトレーニング

  • 1.椅子に浅く腰掛け、背中を伸ばしたまま体を後ろに倒す。この姿勢をキープ。
  • 2.後ろに体を傾けたまま両足を浮かせる。この姿勢をキープ。
  • 3.体を前に傾け、前傾姿勢のまま両足を浮かせる。この姿勢をキープ。
  • 4.両足を踏ん張ってお尻を椅子から1cmほど浮かせてキープ。

参考:『腰痛性疾患にみられる「コルセット筋」の筋力低下と簡便な座位トレーニング』浜西,日本腰痛学会雑誌,13(1),2007
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yotsu/13/1/13_1_52/_pdf/-char/ja

これらのコルセット筋を鍛えるトレーニングは、息を止めずに会話をしたり深呼吸をしたりしながら取り組むといいでしょう。また、背筋をきちんと伸ばすよう意識しましょう。テレビを見ながらでもできる筋トレですから、日頃から腰痛に悩む方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

太りすぎない

腰に負担をかけないという点では、太りすぎないための体重コントロールも大切です。体重が適正体重をオーバーすれば、背骨から腰にかかる負担も増え、椎間板ヘルニアになりやすくなってしまいます。

腰に負担をかけない動作を心がける

例えば、自分より高いところにあるものを取ろうと背伸びをして、背中をそらせる動作。前かがみの姿勢で下にあるものを持ち上げる動作。これらの動作は腰や背中に負担をかけます。

上にあるものをとるのであれば、踏み台などを使う。下にあるものを持ち上げる際には、一旦腰を落としてしゃがんでからゆっくりと持ち上げるといいでしょう。

禁煙をする

意外なように思えるかもしれませんが、椎間板ヘルニアの危険因子に喫煙が挙げられます。 「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン (改訂第2版)」では、椎間板ヘルニアの発生に影響を及ぼす因子として、スポーツや労働に加えて喫煙を指摘しています。

22組の喫煙者と非喫煙者を含む双生児を対象にして,喫煙による椎間板変性と機能障害への影響を観察した報告では,喫煙者は非喫煙者と比較して18%椎間板変性が進んでおり,その影響は腰椎全体に及んでいた.双生児を対象とすることで厳密な比較が行われており,この結果から喫煙は椎間板変性の進行に影響を及ぼすといえる

出典:『腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン (改訂第2版)』
http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0017/G0000309/0013

これは、タバコに含まれているニコチンが、椎間板の周りにある毛細血管を収縮させ、血流や栄養の流れを阻害。椎間板を変性させてしまうと考えられています。また、タバコは椎間板の成分であるコラーゲンを作り出す、ビタミンCを失うので、ビタミンC不足になりやすくします。さらに、女性ホルモンを不足させ、骨に必要なカルシウムの吸収率を下げることで、骨粗鬆症を引き起こしやすくなってしまうのです。

椎間板ヘルニアに良い成分

椎間板ヘルニアに良い成分をみていきましょう。

カルシウム

腰痛に悩む高齢者の多くが、カルシウム不足による腰痛を言われて右折があります。カルシウムは、骨形成に必要不可欠な栄養素です。椎間板の周りの骨がカルシウム不足による骨粗しょう症になれば椎間板ヘルニアを発症、悪化させる原因にもなってしまいます。

日本では老齢人口が増加し、カルシウム不足による腰痛や骨折が寝たきり老人を作る主因となっている。健康で活動的な生活のために、カルシウムの摂取及び吸収を容易にする乳、乳製品、CPPは重要である。

出典:『カルシウム摂取における乳、カゼインミセルの役割とカゼインホスホペプチドについて』小野,酪農科学・食品の研究,43(4),1994
https://www.jstage.jst.go.jp/article/milkscience/43/4/43_A-65/_pdf/-char/ja

エゾウコギ

抗炎症作用のあるイソフラキシジンやエレウテロサイドEを含むエゾウコギは、椎間板ヘルニアによる腰痛症状の緩和にも役立つ成分です。エゾウコギはもともと中国で変形性関節症の漢方薬として用いられてきた成分です。 痛みの元となる炎症を抑えてくれるエゾウコギ。是非活用してみたいところです。

エレウテロサイドEには、抗疲労、抗ストレス、胃潰瘍抑制並びに免疫機能の向上などの作用があることがこれまでに報告されている。しかしながら、抗炎症作用についての報告はほとんど認められない。今回、エレウテロサイドEが、同じ画像こぎ成分であるエレウテロサイドBならびにイソフラキシジンと比較して、SW982細胞が発言する炎症性タンパクの遺伝子発現をより低濃度で抑制することが明らかとなった。

出典:『エゾウコギ成分エレウテロサイドEの抗炎症作用と抑制メ力ニズム』山崎ら,組織培養研究,25(3-4),2006
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtca1981/25/3-4/25_137/_pdf/-char/ja

コンドロイチン

コンドロイチン硫酸は、軟骨組織に多く存在する成分で、軟骨組織以外にも骨や血液などの体液にも存在しています。コンドロイチン硫酸には、軟骨保護作用や抗炎症作用があり、腰痛や関節痛などの処方薬にも使われています。

もともと、コンドロイチンは体内にある成分ですが、加齢に伴って体内で生産される量が減り、軟骨のクッション機能を損なってしまいます。サプリなどでコンドロイチンを上手に補給するといいでしょう。

コンドロイチン硫酸ナトリウムは、関節痛や神経痛の症状緩和等の目的で医薬品に使用さ れる成分であり、一般用医薬品のビタミン B1 主薬製剤に有効成分として配合される場合の 一日最小分量は 180 mg、一日最大分量は 900 mg である 5)。 また、コンドロイチン硫酸は、動植物の体内(軟骨、結合組織、粘液)に広く存在するム コ多糖 6)の一種で、骨の形成を助ける、動脈硬化や高血圧を予防するなどと言われる物質 である 7)。薬事法の「医薬品の範囲に関する基準」の区分で、「医薬品的効能効果を標ぼう しない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」8)に該当するため、「健康食品」成分と しても広く利用されている

出典:『関節に良いとされる成分を含む「健康食品」』国民生活センター,2008
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20080807_1.pdf

椎間板ヘルニアの予防法

姿勢に気を付けて過ごす

腰に負担がかかると、椎間板ヘルニアになりやすくなります。姿勢が悪いと腰にかかる負担も大きくなるため、普段の生活から姿勢に気を付けて過ごしましょう。

鏡の前に立ったとき、腰が前に行き過ぎてのけぞったようになっていたり、背中が丸まっていたりしていませんか?上からヒモで引っ張られているように、一直線な姿勢をとってみましょう。この時に気を付けるのは、背中がそりすぎないようにすることです。胸を張っておなかを引っ込ませ、まっすぐに立つことを意識してください。

座っているときも姿勢には気を付けましょう。椅子に座るときはおしりと背もたれをつけて、深く座ります。そしておなかも引き締めて背筋を伸ばすだけで姿勢が見違えります。デスクワークをする場合は長く座りすぎないことも大切。同じ姿勢をずっと続けるのではなく、1時間に1度は席を立って背中や腰の筋肉をほぐしてあげましょう。

体重を維持する

おなかに脂肪がたっぷりついてしまうと、バランスを取ろうと腰が反り気味になります。腰にかかる負担も大きくなるので、体重は増やさないように気を付けましょう。またすでに少し太り気味だという人は運動で適正体重まで戻すような生活をおすすめします。

筋力アップ

天然のコルセットと呼ばれる背筋と腹筋、筋肉がちゃんとついていれば腰にかかる負担は減ります。また背筋も自然と維持できるでしょう。筋トレで筋肉を鍛えてあげることで、スタイルも良くなって椎間板ヘルニアの予防もできます。ただし、運動によってヘルニアが悪化する可能性もあるので気を付けてください。

椎間板ヘルニア治療後注意すること

椎間板ヘルニアの治療を受けてからは、リハビリをすることになります。保存療法後のリハビリは、筋力アップや下半身を強化して姿勢を美しく保てるようになるためのリハビリが中心です。保存療法ということは。完全に椎間板ヘルニアが元に位置に戻っているわけではありません。しかし、圧力をかけすぎずにずっと過ごすことができれば、元の位置に戻る可能性もあるでしょう。

少しずつ筋力アップをしながら、体幹を鍛えてぶれない体を手に入れましょう。

保存療法ではなく手術を受けた場合でも、再発しないように筋力をつけなくてはいけません。痛みがあるうちは運動ができませんが、痛みが消えたら早めに運動を始めましょう。手術を受けたからもうヘルニアにはならない、というわけではありません。あくまで症状を治すために行った手術で、筋力不足で前と同じように腰に大きな負担がかかれば再発する可能性もあります。

椎間板ヘルニア治療の生命保険・医療保険について

椎間板ヘルニアは持病の1つとなってしまうため、発症してから生命保険や医療保険に入るには持病ありの状態となってしまいます。加入していた生命保険や医療保険は、どのような契約かにもよりますが申請することで保険金を受け取ることができるでしょう。

入院をしたなら入院給付金、手術をしたなら手術見舞金などになります。加入している保険によって金額や保険金支払いの対象となるかどうかは異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。椎間板のヘルニアは意外と高額な医療費がかかってしまうこともあるので、生命保険や医療保険に加入しておくと安心ではないでしょうか。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト