脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOPこんなにある!腰痛を引き起こす病気腰椎後縦靭帯骨化症

腰椎後縦靭帯骨化症

腰痛をともなうこともある腰椎後縦靭帯骨化症とは、どのような病気なのでしょう?症状を確認し、その原因、治療法などを解説します。

緩やかに靭帯が骨化してゆく難病

腰椎(背骨の腰の部分)の中には、後縦靭帯という組織がタテに走っています。この後縦靭帯が何らかの原因で徐々に骨になってしまい、神経を圧迫してしまう病気のことを腰椎後縦靭帯骨化症といいます。
厚生労働省により、特定疾患、いわゆる難病として指定されています。

症状としては、まず、首や肩、指などに痛みや痺れを感じます。その範囲は病気の進行とともに広がり、腰痛や足の痛みを生じます。重症になると歩行困難や排泄障害、指先での細かい作業ができないなど、一人で日常生活をおくることは難しくなります。

しかし、発症後すぐに症状が悪化することはそう多くありません。痺れや鈍痛などの初期症状のまま長年経過する患者が多く、中にはこういった症状を全く自覚しないケースもあります。

統計上、50代前後の男性に多く発症し、特に糖尿病患者や肥満の男性が罹患しやすいとされます。

骨化してしまう原因とは?

骨化症状の原因は現在に至っても特定できていません。
単一の要因のみを原因として発症するのではなく、疾患や肥満、老化、代謝異常、ホルモン異常など、様々な要因が関与して発症すると考えられています。

また、遺伝に何らかの関係があることが明らかになっており、後縦靭帯骨化症患者の兄弟が同様の骨化症を発生する確率は約3割にのぼるという報告があります。
しかし、これも必ずしも発症するとは限らず、上記の要因によっても大きく左右されると考えられます。

遺伝を主とした複合的な要因で後縦靭帯の骨化が発症する、というのが一般的な見解です。

どのような治療法がある?

症状が軽度の場合には、骨化部分が神経を押さないように固定するなどの処置がとられます。
また、痛みを軽減するための抗炎症剤などを投与する場合もあります。

症状が悪化した場合には、手術を行うこともあります。手術には「前方法」と「後方法」があります。
前方法とは、骨化した部分を切除して、他の部位の骨を移植する方法。後方法とは、骨化した部分はそのままにして、脊柱管を拡大することによって神経を押さないようにする方法です。
腰椎後縦靭帯骨化症の手術では、主に後方法が採用されています。

なお、治療によって一度症状が緩和した人でも、数年後に別の部位に再発することもあるため、定期的な検査が必要となります。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト