脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOPこんなにある!腰痛を引き起こす病気脊髄腫瘍・脊椎腫瘍

脊髄腫瘍・脊椎腫瘍

脊髄腫瘍と脊椎腫瘍の症状や原因を解説します。腫瘍が良性か悪性かによって、治療法がまったく異なります。

横になっていても痛みが軽減しないのが特徴

背骨を輪切りにすると、真ん中に脊髄があり、それを囲むように脊椎(骨)があります。脊髄やその近くに発生した腫瘍を脊髄腫瘍骨自体に発生した腫瘍を脊椎腫瘍と言います。

この腫瘍が腰椎に発生した場合には、腰や足に痛みが生じます。慢性的な鈍痛と言われ、椎間板ヘルニアなどとは違って、横になったり姿勢を変えたりしても痛みが治まらないのが特徴です。
病状が進行し中枢神経までが腫瘍に圧迫されると、知覚障害や運動障害、排泄障害、めまいや頭痛といった症状がみられます。突然の激しい痛みに襲われることもあり、咳やくしゃみをしただけで骨まで痛みが響きます。

脊椎・脊髄腫瘍には、良性と悪性があります。
良性腫瘍は小さな腫瘍で、一定以上大きくなりません。そのため、他の組織に影響を与えることもなく、神経に影響を与えていない限り、放置しても問題はありません。
悪性の場合は、腫瘍が無限に大きくなろうとするために、やがて脊髄を圧迫して神経症状を起こしたり、さらには他の部位へ転移したりします。いわゆる、ガンと呼ばれる状態です。

原因のほとんどは不明

腫瘍には原発性転移性の2種類があります。
原発性とはその部位から生じた腫瘍、転移性とは他の部位から転移してできた腫瘍です。

原発性腫瘍の発生原因は不明です。遺伝によるものが一部に確認されていますが、多くは謎のままです。なお、原発性のほとんどは良性です。
転移性腫瘍の発生原因は、乳ガンや肺ガン、胃ガンなどからの転移です。リンパ液や血液に乗って、悪性腫瘍の細胞が移動してくることが原因です。

悪性腫瘍の場合は通常のガンと同じ治療

脊椎腫瘍であれ脊髄腫瘍であれ、良性の場合は、特に治療の必要はありません。
ただし、腫瘍の場所によって神経への圧迫があるようであれば、手術で除去します。
なお、良性腫瘍はガンではありませんが、ガンとは違って薬物や放射線で治療することができません。どうしても治療の必要があるという場合は手術を行います。

悪性の場合は、通常のガンと同じ治療を行います。
ただし治療の順番として、まず転移元(乳ガンなど)を切除し、次に脊椎・脊髄の腫瘍切除に入ります。切除するほどではない場合、または切除に耐えられない事情がある場合(高齢など)には、抗ガン剤放射線による治療を行います。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト