脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&Aデータ・数字に関するQ&A

データ・数字に関するQ&A

脊柱管狭窄症の完治・再発率、および難病認定の基準などQ&A方式で解説しています。

気になる脊柱管狭窄症データ

症状によっては手術も必要になる脊柱管狭窄症。米国でのデータを基に気になる症状の疑問を解説していきます。

Q. 脊柱管狭窄症の手術後、「かなり痛みが取れた!」と感じる人はどれくらいでしょうか?

約85%です。手術前よりも症状がよくなったと感じる方がほとんどです。現代では、内臓系の手術に比べて失敗するリスクもかなり少なくなりました。

Q.手術10年後にも、手術直後の痛みが緩和された状態が続いている人はどれくらいでしょうか?

約30%~35%です。手術後緩和された症状を継続させるためにも、日々の中で簡単にできるストレッチや正しい姿勢のキープ、血行をよくするなど様々な対策をしていきましょう。

Q.手術を受けてから10年以内に、重い痛みを発症する人はどれくらいでしょうか?

約30%~35%です。

Q.手術を受けてから10年後の再発率(再手術率)はどのくらいでしょうか?

約25%です。脊柱管狭窄症は再発の可能性が高いので、以前と変わらない生活サイクルだと再び発症してしまうことがあります。医師と相談しながら、再発しないように生活を見直していきましょう。

Q年齢による再発率の違いはありますか?

年齢が若いほど再発率は低いです。50代であれば、再手術を受けるほどの症状が発症する人は約10%となります。

Q.完治率が低いということは、脊柱管狭窄症って難病なのでしょうか?

頸椎・胸椎・腰椎これらのうち2カ所以上に狭窄症が確認された場合は、難病認定を受けます。

そうならないためにも、脊柱管狭窄症の可能性を少しでも感じたらすぐに診察に行き、早期発見・早期治療を目指しましょう。

手術は受けるべき?

上記の通り手術後の症状は人によって様々なので、必ずしも手術をしたほうがいいというわけではありません。

しかし、脊柱管狭窄症の手術を受けた人からはこんな声も届いています。

  • 手術の結果に満足している人…76%
  • 再発したら再手術を受けたいと思っている人…82%

自分での痛みケアに限界を感じている方は、手術を検討し、痛みとさよならするのもよいでしょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト