脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&Aまずは基本のQ&A

まずは基本のQ&A

脊柱管狭窄症とヘルニアとの違いを始め、脊柱管狭窄症に関する基本的なQ&Aをまとめました。

脊柱管狭窄症の基本Q&A

脊柱管狭窄症について気になる疑問をチェックしましょう。

Q. 脊柱管狭窄症は、腰痛の一種ですよね?

ほとんどの場合、症状は腰痛として現れます。頚部脊柱管狭窄症といって首や腕に症状が現れるものもあります。

Q.どんな人がなりやすいのですか?

主に年配者の人がなりやすい病気です。

とくに若いときに重たいものを持つ仕事をしていたり、腰を痛めたりしたことのある人は、加齢にともなって頚部脊柱管狭窄症を発症するケースがあります。

Q.どんな自覚症状が出たら病院に行くべきですか?

激しい腰痛や脚の痛み・しびれ、残尿感などに注意です。

また少し歩いただけで脚が痛くなるけど、また少し休むとよくなるといった症状は、脊柱管狭窄症の可能性が高いのですぐに病院に行きましょう。

Q.間欠跛行(かんけつはこう)とはなんですか?

脊柱管狭窄症の症状のひとつです。歩きはじめてしばらくすると足腰が痛くなって、立ち止まりしばらく休むとまた回復して歩けるようになるといった状態です。

悪化すると歩行できる距離が短くなり、やがて立っているだけでも痛みを感じるようになります。

Q. 脊柱管狭窄症とヘルニアとの違いは何ですか?

同じ腰痛ですが原因と症状、発症の年齢層などが違います。

脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなるのが原因で、ヘルニアは脊柱管内に椎間板組織が飛び出すことが原因です。

脊柱管狭窄症は前かがみになると痛みが緩和されますが、ヘルニアは前かがみになると痛みが悪化します。

また一般的には脊柱管狭窄症は高齢者に多く、ヘルニアは若い人に多いという傾向があります。

Q.脊柱管狭窄症になったら手術が必要ですか?

基本的には一時的な痛みを取る保存療法がメインです。保存療法ではどうにもならない場合は、手術が必要になります。

Q.痛みが出たときは安静にしておくべきですか?動いたほうが良いのですか?

原則としては安静です。ただし痛みが軽度であれば、適度の運動は問題ありません。

Q.痛みが出たら冷やせば良いの?温めれば良いの?

どちらでも構いません。ご自身が楽に感じるほうを選んでください。温熱療法(ホットパック)が効く人も多いようです。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト