脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症と診断されたら、どのような治療方法があるのでしょうか。ここでは、それぞれの治療方法について、解説していきます。

脊柱管狭窄症の治療方法

それでは、さっそく病院で行われる治療を紹介してみたいと思います。病院で行われる脊柱管狭窄症の治療イメージ

まず、薬物療法です。
直接患部に貼ったり塗ったりするものや飲む薬など、方法はさまざま。

一般的には、鎮痛剤を使用しますが、状態により、血液の循環を良くする薬なども使われます。

薬による治療は対処療法なので、根本的な治療ではありませんが、痛みを和らげるには効果的です。

次に、理学療法です。
温熱や電気などを使用し、患部を温めることで痛みを軽減する方法をはじめ、腰を引っ張って腰椎を調整する方法などもあります。
これ自体は対処療法であり、体操やストレッチなどを合わせて継続的に行っていくことが効果的です。

神経ブロック注射という方法もあります。
患部あたりの神経に直接麻酔を打つことで、痛みを和らげる方法です。この方法は、血流を良くする効果もあり、継続的に行う必要があるものの、継続することによって、治癒力を高める効果も期待できます。

最後に、手術です。
上記の方法で改善されない場合、手術という選択肢も出てきます。
費用や身体的負担を考えると、最終手段とも言えますが、どのような手術方法があるのか、手術後の過ごし方などについて知っておくと良いでしょう。

では、それぞれを詳しく見ていきます。

脊柱管狭窄症の薬物療法とは?

脊柱管狭窄症になってしまい、痛みが強かったりしびれもある場合はまず薬物療法で…と治療が始まります。薬物療法は対処療法で鎮痛剤や筋弛緩薬、ビタミンB12、抗不安薬、循環障害改善薬というような薬が使われます。

メリット デメリット
ひどい痛みを和らげる 継続して飲まなければいけない
しびれを緩和する 副作用が起こる心配がある

メリットを見てみると、痛みやしびれが強い場合は緩和してくれるため、日常生活にもひどく影響が出ている場合は症状を抑えることができるでしょう。

ただし、薬はあくまで一時的に痛みやしびれを緩和するだけなので、薬を飲み続けているだけで治る、というわけではありません。薬を対処療法としながら、違う治療を受けて回復を目指さなくてはいけません。

薬の成分によっては副作用が発生する可能性もあります。使用する薬剤はあらかじめ確認しておく必要があります。

脊柱管狭窄症の理学療法とは?

理学療法には温熱療法・超音波療法・腰椎の牽引などがあります。神経が圧迫されているのを改善する、血流を良くする、筋肉をほぐすといった治療のことです。

メリット デメリット
体の機能の回復を促せる 通院する必要がある
自らの力で回復が望める(筋肉を強化するなど) 合わない治療で悪化する恐れがある

メリットになっている部分は、体の機能を自らの力で回復させることが、腰椎を支えている部分の筋肉を強化することで支える力が強くなり、自らの力だけで回復が望めるという点では優れている治療法でしょう。

症状が軽ければ、理学療法だけで回復できる可能性もあります。ただし、理学療法は定期的な通院が必要です。痛みが強い時は毎日や1日おきなど頻繁に通わなくてはいけません。また、合わない治療なのに無理をして受けてしまい、悪化する恐れもあります。

どの治療をどの程度受けるのかは、事前に相談して無理のない範囲で治療を行いましょう。

脊柱管狭窄症の神経ブロック注射とは?

神経ブロックは麻酔薬の注射です。痛みに近い部位に注射をして、痛いと感じるようになっている経路をなくし、痛まないようにする治療となります。理学療法をやってみて、それでも痛みが取り除けなかった…という人が行う治療法として用いられています。

メリット デメリット
患部の血流が改善する 何度も治療を受ける必要がある
治癒力を高めて治りを早くする アレルギー障害が出る可能性がある

神経ブロックは患部にかなり近い部位に注射をするため、血流が悪くなっているところをダイレクトに改善していきます。血流を改善させることによって、痛みを感じる原因となっている乳酸も排出しやすく、酸素を取り込むことで治癒力も高まるでしょう。 ただし、神経ブロック注射のアレルギーが出る場合もあります。痛みや手足にしびれなどが一般的ですが、アレルギー神経障害の副作用も考えられるため、注射をする時は最大限気を付けなくてはいけません。

1回で治療は終了とならず、何度か注射を打つ必要があります。

脊柱管狭窄症の手術療法とは?

手術療法は、脊柱管狭窄症では最後の治療法と言えるでしょう。いろいろな治療法をやってみて、それでも回復しなかった…という場合に用いられます。手術法はいくつかあり、開窓術、椎弓切除術、脊椎固定術などがあります。

手術といってもデスクワークなら2週間ほどで普段通りの生活に戻れるため、比較的受けやすい手術といえます。

メリット デメリット
確実な治療効果が出る 回復には時間がかかる
重い症状にも効果が期待できる 大きな費用がかかる

手術なので治療が可能です。長い治療を受け続けるなら手術を、と考えて治療を受ける人もいます。薬物療法など違う治療法では効果が出なかった人でも、手術なら治療効果が実感できるでしょう。

ただし手術には入院が必須で、比較的早く退院できるとはいえ、日常生活を問題なく送れるようになるにはしばらく時間がかかります。費用面もネックとなりやすいです。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト