脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは薬物療法

薬物療法

脊柱管狭窄症の程度によって治療方法は異なりますが、治療方法の一つに薬物治療があります。

薬による脊柱管狭窄症の治療方法

脊柱管狭窄症の治療に用いられる薬剤のイメージ薬では根本的な治療にはなりませんが、痛みを取り除く、血行を良くするなどの対処療法ができます。

治療の流れとしては、医師が状態を診断し、必要なものを処方します。場合によりますが、数千円の費用で、1回の処方がなされるようです。

一般的に、脊柱管狭窄症の場合に使用される薬を、以下にまとめてみます。

  • 鎮痛剤

一般的に、非ステロイド性抗消炎鎮痛薬(NSAIDs)を使います。
これは、痛みを発する物質の産生を抑制することで、痛みを鎮める役割をします。

副作用としては、胃潰瘍や腎機能障害などの恐れがありますが、最近では、胃腸障害の少ない薬も出始めています。

また、貼って使う貼付薬、塗って使う外用薬、飲む内服薬があります。

  • 筋弛緩薬

痛みがあると、筋肉が収縮してコリを発生させてしまいますが、この薬で筋肉の緊張を和らげ、痛みを軽減させてくれます。

また、血流を増やす作用もあるので、末梢の血管まで血液を循環させる役割もします。
副作用としては、眠気やふらつき、胃腸障害の可能性があります。

  • 循環障害改善薬

血管を広げるとともに、赤血球を正常に保ち、血液を固まりにくくするので、神経の圧迫を改善し、痛みやしびれなどの症状を和らげてくれます。

副作用としては、胃腸の不快感や、出血しやすくなるなどがあります。

  • ビタミンB12

神経組織を回復させる働きがあり、しびれが改善します。食品などにも含まれる成分であり、副作用はありません。

  • 抗不安薬

不安やイライラを和らげる精神的な薬です。心と体をリラックスさせるため、使用されることがあります。
副作用としては、眠気やふらつきなどがあります。

薬は対処療法なので、痛みが続く限りは使用し続ける必要があり、また、使用し続けると副作用の心配もあるでしょう。薬を使いながらも、ほかの方法とあわせて治療を行っていくことが一般的です。

薬物療法はこんな方にオススメ

腰部脊柱管狭窄症の薬物療法は、患者さんが抱える痛みなどの症状を和らげて生活しやすい状況にしてあげることが目的です。薬物療法がオススメの方は次のような方が挙げられます。

  • 痛みがひどい方
  • しびれがある方
  • 慢性的な痛みで気分が落ち込みがちな方

痛みがひどい方

腰部脊柱管狭窄症による痛みがひどい場合には、非ステロイド性抗消炎鎮痛薬(NSAIDs)による薬物療法がオススメです。ただし、非ステロイド性抗消炎鎮痛薬(NSAIDs)だけでは痛みが取れないことが多く、血管を拡張する薬と合わせて服用するのが一般的。 腰部脊柱管狭窄症の専門ではないお医者さんにかかっている場合、痛みをなくすためのお薬として消炎鎮痛薬しか処方してもらえないこともあるようです。消炎鎮痛薬を服用しはじめて1週間経っても痛みが緩和しない場合には、お医者さんに相談して血管拡張薬の処方も検討してもらいましょう。また、病院を変えて整形外科の専門医にきちんと診察してもらっていいでしょう。

しびれがある方

痛みだけでなく、しびれも症状に見られる方は、薬物療法の中でも循環障害改善薬や、ビタミンB12の服用がオススメです。 ビタミンB12には血中の赤血球を増やしてくれる効果があり、傷ついた神経を修復し、しびれの改善につながると言われています。 また、血管を拡張する薬を服用することで、血流が回復。虚血によって神経が過敏になってしまっている状況を改善し、しびれが緩和することもあります。しびれがあるなら、まずはお医者さんに相談してみましょう。

慢性的な痛みで気分が落ち込みがちな方

ずっと痛みを感じていれば、気分が落ち込んでしまうのは仕方のないことです。ただ、慢性的な痛みによりうつ状態になってしまえば、日常生活に大きく支障をきたしてしまいます。 痛みが気になって気分が落ち込む…という方は、心をリラックスさせてあげるためにも抗不安薬の服用もオススメです。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト