脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは神経ブロック注射

神経ブロック注射

脊柱管狭窄症の治療の一つに神経ブロック注射があります。

神経ブロックによる脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の神経ブロック注射のイメージ神経ブロック注射とは、痛み箇所近くの神経に麻酔薬を注射することで、痛みが伝わる経路を遮断し、痛みを取り除く方法です。

痛みの際には、反射的に筋肉が硬直し、血流も悪くしてしまいますが、神経ブロック注射は、痛みを取ることはもちろん、痛みを感じなくなることで、筋肉が緊張することも防ぐことが可能。

さらに、この神経ブロック注射は、直接、血管を拡張させる作用もあるため、血流が改善されます。血流増加によって、痛みの原因である乳酸などの排出を促し、逆に酸素などを運び入れることができるので、徐々に治癒力を高める効果も。

この神経ブロック注射は、硬膜外ブロックや神経根ブロックなど、いくつか注射を打つ場所が選択されます。
医師が状態を診断し、効果的な神経ブロックを行っていきます。

神経ブロックは、場所や状態などにより、注射時に筋肉の緩みや手足のしびれなどが出る場合があります。
注射後は、最低30分はそのまま安静にする必要がありますが、基本的に入院の必要はありません。注射当日は激しい運動や飲酒、入浴は避けるようにしましょう。

副作用については、重篤なものは稀とのことですが、あえて挙げるとすると、注射時に注射の痛みや出血・手足のしびれなどがあり、注射後は、アレルギー神経障害などがあります。

神経ブロック注射は、1回の注射で治癒することはありません。ただ、継続的に注射していくことで、治癒力を高め、徐々に症状が和らいでいくことが期待できます。保険は基本的に適用されますが、1回の注射で大体、2,000円~4,000円程度かかるでしょう。

神経ブロック注射はこんな方にオススメ

腰部脊柱管狭窄症の痛みを一時的に緩和する神経ブロック注射は腰部脊柱管狭窄症の根本的な原因を取り除く治療ではありませんが、痛みを軽減するという意味では効果がある治療法です。 神経ブロック注射がオススメなのは、次のような方です。

  • 理学療法やマッサージなどでも効果が出なかった方
  • 回復力がある軽度の腰部脊柱管狭窄症患者
  • 一時的にでも痛みを改善したい方
  • 生理的な痛みの回復力を高めたい方
  • リハビリをすぐにしたい方

理学療法やマッサージなどでも効果が出なかった方

神経ブロック注射は、腰部脊柱管狭窄症の方の中でも、理学療法や温熱療法であまり効果が出なかった方に使われることの多い治療方法です。 できるだけ薬に頼らずに治療をしたいと思っていても、症状の程度によっては緩和が見込めないことも。そこで登場するのが神経ブロック注射となります。

回復力がある軽度の腰部脊柱管狭窄症患者

炎症を抑えて痛みを遮断してくれるので、根本治療にはなりませんが、一時的な痛みの緩和には役立つ神経ブロック注射。きちんと効果的に使うことで、回復力を高めることができる場合もあります。 腰部脊柱管狭窄症の方の中でも比較的症状が軽い方や若い方の場合、神経ブロック注射を用いることで回復を促すことも期待できます。 医師の判断によって、回復する力を引き出すために神経ブロック注射を勧められることもあります。

リハビリをすぐにしたい方

筋力低下などが心配な高齢者の方などリハビリをすぐにした方がいいと判断された場合には、神経ブロック注射で痛みを緩和してリハビリに取り組むこともあります。 腰部脊柱管狭窄症の治療において神経ブロック注射はあくまでも、一時的な方法です。神経ブロック注射を受ける際には、そのことを忘れないようにしましょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト