脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
サイトマップ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト
知っておきたい脊柱管狭窄症の基礎知識
脊柱管狭窄症まとめTOP病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは理学療法

理学療法

脊柱管狭窄症の治療方法の一つに、理学療法があります。

理学療法による脊柱管狭窄症の治療方法

理学療法のイメージ理学療法とは、体の動作能力を回復させるため、運動やマッサージ、電気、温熱など物理的な手段を持って治療をしていく方法です。

継続して通院する必要がありますが、基本的に保険が使えますので、通院1回につき、500円~2,000円程度でしょう。

脊柱管狭窄症の理学療法には以下のようなものがあります。

  • 温熱療法

ホットパック(蓄熱材)で患部を温めることで、血行を良くし、さらに筋肉の緊張を取り除くことができるので、結果、痛みを和らげる効果があります。

しかしこれは、冷えるとまた症状が戻ってしまう対処療法です。
また、状態により、逆に悪化させてしまうこともあるため、専門医師の指導のもとに行う必要があります。

  • 超音波療法

マイクロ波などを当て、その刺激によって、神経の血流を増加させることで、痛みやしびれを軽減する働きがあります。

これも、一時的に症状を和らげる対処方法なので、根本的な治療とはなりません。体操やストレッチなどの運動療法を合わせて行うことが多いでしょう。

  • 腰椎の牽引

腰椎牽引器を使い、腰を引っ張る・緩める、を繰り返し行うことで、神経の圧迫をとり、痛みやしびれを改善。

ただし、腰痛が強い時には使えず、ある程度の治療が進み、痛みが治まってきた時期に使用されます。専門医師の診断のもと、計画的に行っていきます。

理学療法では、専門医が体操やストレッチの仕方も教えてくれるので、合わせて継続的に行うことで、症状が改善されていくでしょう。

理学療法はこんな方にオススメ

腰部脊柱管狭窄症における理学療法理学療法(リハビリ)は、体の機能を回復させるために行う治療です。温熱療法や超音波療法などいろいろな方法の中からぴったりの理学療法に取り組むためには医師の判断が必須です。医師に今後の治療方法を相談するための参考として、どんな方に理学療法がオススメなのかを整理してみましょう。 理学療法がオススメなのは、次のような方です。

  • 血行が悪くなっている方
  • 痛みのある方
  • 身体が冷えやすい方
  • しびれや痛みを和らげたい方
  • 腰痛が比較的軽度の方で治療が進んできた方

血行が悪くなっている方

理学療法の中でも温熱療法は、血行が悪くなっている方への治療としておすすめです。同じように血行を改善するための方法として超音波療法もありますので、組み合わせて治療を受けるといいでしょう。また、腰部脊柱管狭窄症は神経が圧迫されて血流に障害が出てしまうことで引き起こされる病気なので、血流改善のためにも温熱療法は多くの方におすすめの治療法です。

腰痛が比較的軽度の方で治療が進んできた方

理学療法の中でもエクササイズなどの運動を取り入れた治療は、腰椎を支える部分を強くして、脊柱管を広げるのに有効な治療方法です。そのため、他の治療が進んで比較的痛みが軽くなってきた方は、エクササイズや歩くことで下半身の筋肉を鍛えてあげるのもおすすめです。

また、腰椎を引っ張って神経の圧迫を取り除く牽引治療も、腰部脊柱管狭窄症が治りはじめているなら少しずつ計画的に受けてもいいでしょう。 理学療法は、健康保険の適用が受けられる治療法です。痛みがあるからといって、動かさずにいると筋力が低下するなど全身に様々な悪影響を及ぼすことも。医師が「動かしましょう」という判断を下してくれたら、無理のない範囲で、積極的に取り組みましょう。

血流改善で痛みとしびれの緩和をサポート!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は、一般の腰痛と同様に血流障害であり、クロレラ、エゾウコギ、スピルリナなどの健康成分が血流の改善をサポートすることで、「症状の緩和」だけでなく、「症状の改善」が見込めるとされています。
しかし、普段の食事から、これらの成分を摂るのは難しいので、サプリメントで摂取するのが簡単でおすすめです!

エゾウコギ

血圧・血糖値にはたらき、患部の血流をスムーズに!

クロレラ

血圧調整、血糖値コントロールで痛みを和らげる!

スピルリナ

整腸作用、血圧安定、免疫力向上も!

心当たりを確認!脊柱管狭窄症の症状と原因まとめ

病院で行われる脊柱管狭窄症の治療法とは

脊柱管狭窄症をケアするために日常できること

痛み・しびれの解消をサポートする成分とおすすめサプリメント

脊柱管狭窄症になったら?病院選びからリハビリまでの流れ

疑問を解決!脊柱管狭窄症Q&A

こんなにある!腰痛を引き起こす病気

▲このページの上部へ
脊柱管狭窄症をよく知るためのサイト